FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年という月日

あの、東日本大震災から丸2年の時が経つんだなぁとふと思ったのは3月11日になるちょっと前。


その時、ええええっという驚きがまずあった。

もう2年ですって!?

そんなに経つんだ…と。


普段の時間の感覚でいう「2年」と、あの震災からの「2年」という感覚には完全にギャップがあり、もうそんなに経ったなんてにわかには信じ難い事実だった。

ついこの前の事のように、どころかあれから時間なんてちっとも進んでないんじゃないかとさえ思ってしまいたくなる。
あの事が起こって以来、自分の中で何かが確かに変わった。激変した。その中で止まったものもある。消滅したものも、勿論生まれたものもあるけれど。

それでも、今の自分に立ち返って見ると私のお腹はパンパンに膨れ上がり、それだけでももう結構な時間の流れを見せつけられた感じがした。こうなるまでにだって10ヶ月。その前の事を思い返してみる。
確かに、色々あった…。

やっぱり2年経つんだなあ。
そう思うと同時に少しだけ、これからどんどん時が流れ、この「時間が止まったような感覚」も次第に薄れてゆくんだろうか、という恐怖感にも似た感情が自分にまとわりついた。

そして迎えた3月11日。あの激しい揺れが起きた時間、雑踏の中で黙祷しながら当時を思い返していた。
自分自身仙台に住んでた事もあるし、親戚や友達や昔の職場で一緒だった人たちはもちろん、その親族や知り合いの方が誰かしら被災した事、もしかしたら亡くなってしまっているかもしれない事を思うと胸が潰れそうになる。自分もあの揺れを経験して思わず叫びながら外に出た事、その後TVから流れてきた映像、全く繋がらない電話、止まった電車、計画停電、デマだったメール、自分だけでなく世間が、社会全体が混乱の渦にあった初めての経験。

その後明らかになってゆく数々の恐ろしい事実。
自分は、というと結婚したばかりで会社も辞め、心身共に全く新しい環境に身を置いて生活を始めようとしていた最中に起きた出来事。
期待と不安、が不安一色に塗り替えられてしまった出来事。
これから一体どうなるんだろうか、生活はどうなるんだろうか、子供は出来るんだろうか、作ってもいいんだろうか。こんな明るい未来の見えないこんな時に、私達は子供を作るべきなのか。

そんな事さえ考えた時期もあった。


でもやっぱり時は流れ続け、私も色々と学び、情報を仕入れ、自分なりに結論を出し、幸運にも恵まれて今ここにいる。
あんな事があっても、真っ暗闇の中でも、少しの光でも探し続けてきた結果が今なんだと思うことにした。


あの震災によって大切な大切なもの、人、土地、心のよりどころを失ってしまった方々が少しでもその闇から光を見出せる日が来ることを願います。
あの頃も復興支援とも言えないようなちっぽけな事しか出来なかったけど、今年も宮城ふるさとプラザでささやかなお買い物をして帰ってきました。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ami et soi

Author:ami et soi
小さい頃からバッグが大好きで、とうとう自分でも作るようになってしまいました。

 でも今は、バッグ作りを通して伝えたいことがあります。
 いろいろな想いを、ここに綴っていこうと。

ami et soi  「ともだちとわたし」
並べかえると、わたしのなまえ。

☆作品をちょこちょこ作っていますので「カテゴリ」の「ami et soiの作品」のエントリをご覧くださいませ。オーダーもやります。作品の色違い等も受けられます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。