スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんてことない良いモノが意外となかったりする今日この頃なので

さて私事ではありますが、出産予定日まで一ヶ月をきり、いよいよ専業妊婦ライフを満喫しようかというこのタイミングでフツフツと湧いてきた製作欲。

これをいつ実行に移すの?今でしょ!!


というわけで構想をねりねり、型紙を切り切り、お腹の中ではうにうにと奇妙な動きをしまくる我が子に時々気を取られながらも革をサクサク、ミシンをカタカタいわせながら出来上がったのはこちら。









革はお馴染みイタリア、バダラッシィ社のユーフラテ。色はなんともいえない明るめのワイン色、とでも言えば良いのでしょうかね。上質な十勝産の小豆で作ったこしあんの色にも似てますかね(似てない)。

今回はこのシボ感が醸し出す素朴でざっくりとした雰囲気を生かそうと、あえて切り目の部分には磨きも色ぬりもせずに切りっぱなしにしてみました。
それでもやはり良い革なだけあって、出来てみると品があるなぁ、と一人唸ってしまったのですが。
もっともっと使い込まれてくったりした感じになっていって欲しいものですね。キズなんかついて、テカってきたりなんかして、でもしっとりしてきてそれはそれはイ~イ感じに。まるで熟女のように。うんうん。

口元を閉じる為のベルト部分には美錠やら何やら考えたのですが、やっぱりアンティークボタンを使おうと。これも「らしさ」ということで。

A4もタテヨコすっぽり入るサイズにしました。こういうのにあえてモノをあんまり入れずにくしゃっと持ちたい。
そんな妄想を込めて。

以上、ami et soi 4のご紹介でした。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ami et soi

Author:ami et soi
小さい頃からバッグが大好きで、とうとう自分でも作るようになってしまいました。

 でも今は、バッグ作りを通して伝えたいことがあります。
 いろいろな想いを、ここに綴っていこうと。

ami et soi  「ともだちとわたし」
並べかえると、わたしのなまえ。

☆作品をちょこちょこ作っていますので「カテゴリ」の「ami et soiの作品」のエントリをご覧くださいませ。オーダーもやります。作品の色違い等も受けられます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。