スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念日

この人と夫婦になって丸2年の月日が経ちました。


短いような長かったような。

いや、普通に考えたらまだ2年、てなりますよね。何十年とか金婚式とか考えたらね。まだまだ新婚です。まだまだラブラブちゅっちゅですよ(やけくそ)。

そうはいっても一寸先は闇のこの世の中、滞りなくここまで来られた事に感謝感謝です。我が夫にも、勿論お互いの両親始め私達の周りの方々にも。

そしてあと一ヶ月とちょっとして幸運にもうまく事が運べば、私達は「夫婦」という称号?に加えて「父と母」という称号もめでたく加えられるようになるわけで。これもなんだか感慨深い。

未来にどんな事が待っているのかは本当にわからない。全く見えない。


それは不安なことでしょうか。


それともワクワクすることでしょうか。

あなたならどちらを「選択」しますか?

実は、私はこの選択次第で、未来に良いことが待っているか悪いことが待っているかの大半が決まるのではないかと思っています。

極論を言えば、たとえ「自分を含め誰かの命が失われる」ような事があっても、です。


選択は願望も伴います。

自分がそれを選んだ限りは、何が起こってもそれを幸せへと転換出来るようになりたい。

そんな人間に、私はなりたい。

だいぶ色々端折りましたが、そうですね、宮沢賢治のパクリですね。


これからもこの人と、この人に対する気持ちを保ったまま、ずっと一緒に笑ったり文句言ったり手を繋いで歩いたり、イライラしたり、でも最後には笑ったり、ブッサイクな顔で泣いたり喚いたり、同じ音楽を聴いて感動したり、心配したり安心したりしていられるように。

そのために自分が何をすべきか。
よーく考えよう。

そんな事考えながら生活してるうちに、あっという間に50年とか経っていったら素敵だなぁ、と思います。



まだまだこれから。

この闇の先に何が待ってるのか、私は光があると信じてます。


夜の闇にくっきりと浮かぶ、お月さまが好きなので。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ami et soi

Author:ami et soi
小さい頃からバッグが大好きで、とうとう自分でも作るようになってしまいました。

 でも今は、バッグ作りを通して伝えたいことがあります。
 いろいろな想いを、ここに綴っていこうと。

ami et soi  「ともだちとわたし」
並べかえると、わたしのなまえ。

☆作品をちょこちょこ作っていますので「カテゴリ」の「ami et soiの作品」のエントリをご覧くださいませ。オーダーもやります。作品の色違い等も受けられます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。