スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレクションいろいろ

ふと思いたち、私めの手持ちのバッグをここに載せていっちゃおうかなーと。


ただしここでは自分で作ったのではないモノを。

作れるようになってからは殆どバッグを買ってないので作れるようになる以前のモノという事になりますが、となるともう買ってから10年かそれ以上は経ってしまってる事にもなります。

物持ちが良いのか単に貧乏性なのか、好みがそんなに変わらなかったからなのか。
まあとにもかくにもこのバッグ達のまわりには、確実に時が流れてきたというわけですね。
今も勿論現役でございます。
革のバッグは毎日続けざまに使うのはその寿命を縮めてしまうことになります。お洋服だって普通は丸一日着てたモノはお洗濯してタンスやクローゼットにしまっておきますよね。同じ服を洗濯もしないままずーっと着続けるなど、よっぽどの事が無い限り私の中ではあり得ない。
革のバッグ、そしてもちろん靴も同じ事です。
使ったらちゃんとお手入れをして、ある程度の期間寝かせながら使った上での長持ち、もとい一生ものといえるのでは。
その辺の所を誤解されてる方はまだ多いのでは?と思いますが、本当にそれを一生ものにしたいなら、例えお気に入りでも連続して使うのは思い止まった方が良い、というのは経験も踏まえた上での自論であります。




まず、ヘビ革と馬革コンビの財布一体型ポシェット、とでもいいましようか。よく見るとファスナーが付いてるの見えますかね?その部分がお財布になっているので、実家に帰る時によく使います。旅行の時なんかにもよく私の肩にかかっていましたね。




これはCORBOという日本のブランドの、CLAYシリーズ。これはうーん、B4サイズがちょうど入る位の大きさ?といえば良いのかしら。買った当時は普段使いにしてましたが、最近は専らだんなさまとの一泊旅行用になっています。一泊なら、2人の荷物がちょうど入る大きさだしこのデザインなら男子が持っても大丈夫(というかこのブランド自体がメンズなんですがね…)。これは同じ型で小さいサイズもあったんですよ。先に出たのがこの私が持ってるサイズで、買った後に確か小さいのが出たんじゃなかったかな?それも可愛くてですね、うっかり買ってしまいそうになりましたがグッと我慢したのを覚えています。





そしてこれは結構な変わりダネなのですが、恐らくはフランスの某ブランドのデザインを丸々パク…いやいや、ええと、その、音楽風に言うならサンプリング?オマージュ?フューチャリング??カバー??しちまったというこれまた日本の某メーカーのモノですね。本家の方は値段もすごい事になっちゃうので手が出なかったのですが、今思えば無理してでも買っとくんだったかな、と思うくらい、本家のデザインはとっても優れてました。中々無いです。あえて名前は出しませんが、分かる人ならすぐピンとくるはずですね。それぐらいのインパクトが、このブランドのデザインにはあります。

でもコレを買ったのは、この革の色は本家でも無かったもので、うすピンクの色にも惚れてしまったから、という補足はつけておきましょう。

この細い紐状のストラップの長さを変えることが出来る、という事に気付いたのは、買ってから10年以上経ってしまった初夏の昼下がり。その時の得した感ったらもう。

勿論まだまだありますが、続きはそのうちボチボチ。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ami et soi

Author:ami et soi
小さい頃からバッグが大好きで、とうとう自分でも作るようになってしまいました。

 でも今は、バッグ作りを通して伝えたいことがあります。
 いろいろな想いを、ここに綴っていこうと。

ami et soi  「ともだちとわたし」
並べかえると、わたしのなまえ。

☆作品をちょこちょこ作っていますので「カテゴリ」の「ami et soiの作品」のエントリをご覧くださいませ。オーダーもやります。作品の色違い等も受けられます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。