FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊羹たずねて三千里

あれ、あっという間にもう2月ですか。早いはやい。

ブログも早く更新しなきゃな~なんて思いながらも中々まとまらず、悶々としているうちに時は流れていきますな。

こんなマイペースな感じでやってはいますが、毎日毎日バッグ作りには励んでおります。それは最早ライフワークで私にとっては生活の一部。身体にすっかり馴染んできてる気がしますねー。
毎日当たり前に眠り、起き、顔を洗ったり歯を磨いたり着替える、という行動の延長線上にバッグ作りもある、そんな感じ。

良い兆候です。


さてさて、小話をひとつ。

ある日の事、仕事から帰ってきただんなさまがポケットから取り出したそれは、ちょうど二切れ分の羊羹。
てっぺんに栗が半分ほど埋め込まれており、見た目は至ってシンプルな羊羹。透明なビニールで包まれており、一見だけでは何処のお店のものかも分からない。

どうしたの?と聞くと、仕事関係の人からお裾分けで貰った、との答え。

ふーん、そうなんだ~。どれどれ頂いてみましょう、と翌日その羊羹を2人で頂くと。



うわー何これ!!

すんごく美味しい!!


キタ!これキタ!!



キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!




おーいーしーいーーーー!!!



実は私の中では羊羹って、モノによっては正直甘さがキツすぎるのでそんなに好きなお菓子には分類されていなかったのです。過去にはあの超有名店の羊羹も食べたことあったと思うけど、これまでの衝撃は無かったような。それぐらい曖昧な記憶で。



が!!!



これは美味しい!

その餡子の甘さ加減がずえぇぇぇっつ妙なんですよ!

持論なのですが、本当に美味しい餡子の色は薄い淡い色をしていて、要は小豆の中の色そのままなんですよね。そりゃそーだ、小豆まるごとそのまま煮て作るもんなんだから。それに余計な添加物や着色料が入った餡子は、いかにもベタッとしたような不自然な濃い色をしていたりします。

でもこの羊羹はその薄くて淡い、美味しい餡子の色をしていました。


こんなの初めて…♡



これは…是非どこの羊羹なのか教えて欲しい!!

そして永遠にリピートし続けたい!!

マイBest和菓子ランキング上位にいきなりランクインする位の感動と興奮。

それぐらいの衝撃だったのです。

で、鼻息荒くだんなさまにそれを伝えるとお店の名前は分からないけれどそこはどうやら銀座のどこからしく、詳しくは「貰った人に今度会ったら聞いてみる」とのお答え。


それから数日間…自分でも最初の「銀座にある」という情報を元に結構色んなワードで検索かけて調べたけれどネットでは見つける事は出来ず、そうなると余計あの羊羹の事が気になって気になって仕方がない。
そんな風に結構な日数が経った頃、だんなさまがその方から漸く情報をゲットしてきてくれました。

なんでも、お店の名前は分からないんだけれど(お店には看板などもなくその方は場所で覚えているので)晴海通り沿いに京橋郵便局があり、そこから歩いて一分程にある、鰹節屋さんのお隣で買ったものだという話。

え…お店の名前は分からない、ですって??

あんなに美味しいんだからきっと有名和菓子店だろうし、すぐに何処のものか分かるはず、とタカをくくっていたのにそれは見事に裏切られ、なんだか謎が謎を呼び更にあの羊羹への思いは膨れ上がるばかり。
必死でiPhoneを駆使して大体の場所を割り出すと、築地近辺だという事は分かりました。ならば実際に教えてもらった場所へ行ってみるしかない!!

という事でいざ、あの(私の中では)幻の羊羹にまたお目にかかるべく築地方面へ。

教えてもらった通りの場所へさしかかると、あ、あった!!

鰹節屋さん!…の隣に、何故かお茶っ葉が陳列してあり、…その隣に、和菓子が並べられたショーケースを発見!!


おおーーー!!我が愛しの君よ!!


その見目麗しく、夢にまで見た(見てない)栗を半分埋め込んだ、完璧な姿のそれが!!


3本陳列されてありました。わーい!



あまりの嬉しさににしばしその場で跳ね飛んで喜びを表現。通行人には相当不審な姿に映ったでしょうが、んなこと気にしてられない位の喜び。


やった。やった。とうとう見つけた。

ショーケースにあった3本は即買いしました。一本550円也。あれれ、なんてリーズナブル。

しかし確かにお店の看板などはなく、よく見てみるとこの鰹節屋さんがどうもこれらの和菓子を置いている。とすればこの和菓子は一体何処の?というあの謎が。

お店の方に尋ねてみると、その真相はこうでした。

この和菓子は築地市場の中にある「茂助だんご」というお店のもので、それをこの鰹節屋さんでも扱っている(売っている)、という事だったのです。

「茂助だんご」といえば築地市場内で名が通っている甘味処らしく、当然店名にもあるように一番の人気商品はお団子類。こし餡や粒餡で厚くコーティングされたお団子、よもぎ餅や大福なども確かに美味しそうでした。

せっかくなのでそのおだんごも、その後行った築地の場外市場店にて改めて購入。これも確かに美味しかった。さらに調べてみると松屋銀座にも入ってるそうで。

あらま~なるほどね。

いやいやでもとっても充実した羊羹探しの旅でございました。何でも安易に情報を仕入れられるこのご時世に、ちょっとした冒険心をくすぐられましたね。

初めて行った築地の場外市場も賑わっていて楽しかったし、お昼ご飯何処で食べようか、と探しながら歩いていたらふと目に入ったこの年季の入った看板に釘付けに。


その勘を頼りに入ってみたら、ここの中落ち定食がとっても美味しかったり。

お会計の時に気付いたのですがこんな賞も某番組で受賞していたのですね。観てなかったけど。

だからペレのサインがあったわけだ。



五感に訴える記憶は強烈です。
再び出会った時の感動は何物にも変え難いですな。




皆様も良かったらお試しあれ。

コメントの投稿

非公開コメント

良いね!

良いね良いね!
よきかなよきかな!
試しに買ってみるよぃ~♪
sidetitleプロフィールsidetitle

ami et soi

Author:ami et soi
小さい頃からバッグが大好きで、とうとう自分でも作るようになってしまいました。

 でも今は、バッグ作りを通して伝えたいことがあります。
 いろいろな想いを、ここに綴っていこうと。

ami et soi  「ともだちとわたし」
並べかえると、わたしのなまえ。

☆作品をちょこちょこ作っていますので「カテゴリ」の「ami et soiの作品」のエントリをご覧くださいませ。オーダーもやります。作品の色違い等も受けられます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。