スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人と出会うこと、その意味?

色んな人と出会うことがあります。

そしてそれは、色んな彩りにあふれています。

出会っても、こちらが一方的に知っているだけで相手には自分のことを知られていなかったり。

そして偶然、予期していなかったところにとても憧れていた有名な人に出会ってしまった時などは尚更動揺します。平静を装いながらも、なんと声をかけたらいいのか分からなくて結局そのままその場を離れてしまったり。そういう時はどんよりした空の色のようなしめっぽく、重たい気持ちになります。

また、前に一度顔を合わせたことがあってもマンツーマンで話したことはなく、ふとしたきっかけで二人で会うことになり「あの時あんな感じでお会いしたことありましたね」と話をすることが出来ればなんだかとっても得したような、虹色のような気持ちになったり。


それとこんなこともありました。前に知り合いの人から「こういう人があなたにオーダーを頼みたいというようなことを言っていたよ」という話を聞いていたのですが、あるお店に行ったらまさにその話に出てきた「こういう人」ご本人様と偶然出会ったり。


そして新しい人と人との出会いをプロデュースする時も、なんだかこちらまで新鮮な気持ちになります。

約一年ぶりの、遠く離れたところに住む友人との再会は穏やかで、でも奇跡的で、こうしてまた会えたことに、変わらないその姿をまた見せてくれたことに感謝したり。


良い人と出会う縁、というか運、というか、そういうものにとても恵まれている、と私は思っています。



昔からそんな風にぼちぼち感じるところはあったのですが、意識して考えれば考えるほど良縁に恵まれる、という結果が出ています。(あくまでも自分調べ)


想いが人を呼ぶ、というのは大いにあると思っています。さらに、そこを自分で意識するかしないかで、実際の結果につながるかどうかも関係してくるのでは。

想いは人も呼ぶし、それとともにいろんなチャンスや幸運も運んでくる。人生を楽しく、時に苦しい思いをすることはあってもやっぱり楽しく、彩り豊かなものにしたい、と思ったら、やっぱりいろんな人と出会うことは大切にしていきたいな、としみじみ感じたのでした。
人は時にとても興味深く、でも残酷で、傷ついたり傷つけたりすることももちろん忘れてはいないけれども。

今の人生は、なんつっても一度きりだしね。





コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ami et soi

Author:ami et soi
小さい頃からバッグが大好きで、とうとう自分でも作るようになってしまいました。

 でも今は、バッグ作りを通して伝えたいことがあります。
 いろいろな想いを、ここに綴っていこうと。

ami et soi  「ともだちとわたし」
並べかえると、わたしのなまえ。

☆作品をちょこちょこ作っていますので「カテゴリ」の「ami et soiの作品」のエントリをご覧くださいませ。オーダーもやります。作品の色違い等も受けられます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。