スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築と、本と、美と

2011_06010001.jpg
前回の記事からの興奮冷めることなく、そのままの勢いを保ちながら(の割に随分ブログに書くのは遅い)行ってまいりましたるは日本民藝館でございます。


ちょうど特別展をやっており、これは好機とばかりに随分長居してしまいました。そして前から行く度にミュージアムショップで買おうかな・・・どうしようかな・・・と悩んだ挙句いつも先延ばしにしていた本も漸く購入を決意。これも何かのタイミングなのでしょうね~。

民藝とは何か

日本民藝館手帖


柳宗理氏のプロダクト製品は好きでお鍋やカトラリーやらをちょこちょこ使っているのですが、その根源はやはり日本で初めて「民藝」という言葉を作った彼のお父様、柳宗悦氏の影響によるものだというのはこの日本民藝館を見学したり、著書を読むとよく分かる気がします。

同時に、読み進めていくうちにこれまであった自分の心の中の迷いや靄がすぅっと晴れていき、その先の道筋がぼんやりと見えてきたような、そんな心持になります。

いやこれ、もっと早く読んでればなぁ。

でも、今だからこそこんなに心の中にすんなり入ってくるのかな。

私は後者を取ることにしました。後悔なんてしても無駄だわ。

年をとるほど勉強って楽しくなりますな。どんどんもっと色々知りたくなります。

そして、偶然にも昨日。建築には詳しくないので有名どころの人しか知らないのですが、中でも好きだな~、と思う建築家フランク・ロイド・ライトの誕生日でもあった日、ということなので。

家から歩ける程の距離にあり、前から気になっていた「自由学園 明日館」。ここへお散歩がてら、だんなさまに案内していただきながら行ってみました。
2011_06090003.jpg


思っていたよりもこぢんまりとした建物でしたがそのこぢんまりさがかえって気に入りました。建物の周りには緑も多く、はるか後方の高層ビル達を無視してしまえばなかなかステキな景観でありました。窓の格子や屋根のちょっとしたところに、確かにフランクさんらしい意匠を感じることが出来ましたよ。これって重要文化財なんですね。へーぇ。




日本人である自分にとっての美、自分ならではの美的感覚、昔から脈々と受け継がれてきているもの。自分とは何なのか、どうしてこの世に生まれてきたのか、自分がこれまで好きだと思ってきたもの、その理由は。そうしてこれからどう生きてゆくべきなのか、どういうモノを生み出すべきなのか。どういう人間になりたいか、「美しく生きる」とは?

自分に対して、他人に対して、自分が愛する人に対して、どう在るべき、いやどう在りたいか。

信念は、きっと人の心を動かす。

じっくりとよく観察し、熟考し、自分を信じて、人に押し付けることなく、なのに人の心を動かす。


柔らかく、気持ちのいい、風のように生きていけたら。





歴史のある建物や、大好きな美術品、著名な人が書いた本、そんなものを見たり読んだりしていると、自然の中にいる時のように色んなことを考えてしまいます。瞑想、妄想。そんな時間が私にはとっても必要。


さてさて現実逃避ばかりもしてられないので、ある大切な方のお誕生日の為にと久しぶりにマフィンを焼きました。
   2011_06090006.jpg

お菓子作りは幸せ作り。味わいながら、そんな気がしてならないなぁ。




2011_06090001.jpg

それと明日館に行く道の途中で、なんとも雰囲気がステキなアパート?を見つけてしまいましたよ。ドアの上の窓といい、白い螺旋階段といい。ちょっと、この部屋気になります。中はどんな感じなんだろ。



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ami et soi

Author:ami et soi
小さい頃からバッグが大好きで、とうとう自分でも作るようになってしまいました。

 でも今は、バッグ作りを通して伝えたいことがあります。
 いろいろな想いを、ここに綴っていこうと。

ami et soi  「ともだちとわたし」
並べかえると、わたしのなまえ。

☆作品をちょこちょこ作っていますので「カテゴリ」の「ami et soiの作品」のエントリをご覧くださいませ。オーダーもやります。作品の色違い等も受けられます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。