FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアスと赤いベレー帽

2010_12260003.jpg


風邪は完治していないけれど、無事にクリスマスをしっぽりと過ごすことが出来ました。

雪の降らないこっちでもとっても寒かったので、我が地元ではホワイトクリスマスになったとか。

クリスマスの昼下がり、銀座にて買っていただきました。


2010_12260030.jpg

こんにゃく(婚約)ピアス。テンション上がった上がった。

さて、なぜここで指輪ではなかったのかといいますと。
私は手回りに装飾品をつけるのが苦手でして。指輪、ブレスレット、腕時計、マニキュア、等々の。

なんか、してると気になって気になって仕方ないんですよ。で気がつくと、それをついつい触ってしまう。
それをしながら仕事とか家事とか、まあ考えられない。
「手」に通う神経が、もしかしたら人よりも敏感なのかもしれない、と思います。

 ちょっとでも手が油なんかで汚れたら、そのヌルヌル感が嫌でイヤで石鹸でしっかり洗わないと気がすまなかったし、小さい頃から濡らしたオシボリは私にとっては必需品でした。潔癖症、というよりは、手に違和感があるのがキライ、という感じだったんではないのかなぁと思うのですが。今は乾燥の方が気になるので塗ってますが、昔はそれこそハンドクリームも嫌でしたし。あと絆創膏とかも。怪我したては貼るけど、次の日くらいにはすぐ取りたくなる。

それでも昔は指輪や腕時計はしていました。大学生の頃とか、仙台で販売やってた時とか。でもしているとどうにも気になって仕方ない、ということを発見してから、心に決めたんです、「自分は職人になる人間なんだから、きっぱりともうそういうモノを手回りにつけるのはやめにしよう。」と。
しかしオサレはしたい。アクセサリーも身につけたい。ネックレスだけでは飽き足らず、耳にピアスの穴を7個もあけて、しまいにはアクセサリーを手作りするようにまでなってしまいました。あれから全く指輪はしていません。

で今回、こうしてありがたいことに婚約という運びになった時に、「指輪じゃなくてピアスが良い。」とずうずうしくもリクエストさせていただいた、ということに。

さらになぜこのピアスになったのかというと、何年か前に30歳を迎えた頃、いつもつけていられるような、上質なピアスが欲しいな~と思い始めていたんですね。「いつもつけていられる」「上質な」というキーワードを元に思いついたのは、「一粒ダイヤ」の「プラチナ」のピアス。

そうして探し始めたものの、そういうピアスは本当にピンからキリまで色々なブランドのものであって、しかもデザインも限られているからどれを選べば良いのか分からない。

で、ふと思い出したのがティファニーだったんですね。

それは映画「ティファニーで朝食を」からのインスピレーションだったのですが、個人的にも色々な理由でこの映画が好きで。

何年か前にティファニーのオープンハートのネックレスが大流行していたときは別に何の関心もなかったのですが(そもそもハートモチーフに興味がなかった)ティファニーで一粒ダイヤのプラチナピアス、ないのかな?と探してみたらありましたありました。さすがです。これならば間違いないはず。文字通り一生モノになる。という説得力も芽生えてきました。

でそれを見つけてからは、いつか自分でティファニーのこのピアス、買おう!と目標にしていたのです。
それが今回幸運にも、せっかくなら元々自分が欲しいと思っていたこのピアスをこういう形で頂けるということになり、贈り主様には心からの感謝でいっぱいです。

よく「婚約指輪はお給料の3か月分」なんていう、どっから派生したのかもよく分からない言葉がありますが。私にしてみたら、給料何か月分だろうがそもそも指輪が自分にとって「無いもの」なので無駄、としかいえないんですよねー。それよりも、今の自分が欲しいと思っているアイテムを頂く方が何倍も嬉しいし、ずっと身につけていられる。

こんなワガママを聞き入れてくれる心の広い方は、そうそういるもんじゃありません。
今年のクリスマスから私の体の一部になったこのピアスと共に、大切にしなければ。



そんな上がりっぱなしのテンションのまま、銀座からまっすぐ下北沢に行ったのですがその街の雰囲気の落差に呆然。


でもまあ、どっちが良くてどっちが悪いということではないのですが。東京ってつくづくこういうところが未だにカルチャーショックを受けるかも。電車で数分間移動するだけで、全く違う雰囲気の街に行くことが出来るっていう。こんなの世界広しといえどもここ日本の、トーキョーだからこそですよね、全く。


そんな下北沢でまたまたいい出会いが。髪を切ってから真っ赤なベレー帽が欲しいな、と思っていたのですが、たまたま見つけた帽子屋さんでまさに理想どおりのモノを発見しました。即購入。なんかクリスマスっぽいし。

真っ黒づくめのコーディネートに合わせようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ami et soi

Author:ami et soi
小さい頃からバッグが大好きで、とうとう自分でも作るようになってしまいました。

 でも今は、バッグ作りを通して伝えたいことがあります。
 いろいろな想いを、ここに綴っていこうと。

ami et soi  「ともだちとわたし」
並べかえると、わたしのなまえ。

☆作品をちょこちょこ作っていますので「カテゴリ」の「ami et soiの作品」のエントリをご覧くださいませ。オーダーもやります。作品の色違い等も受けられます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。