スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減速しても、ひたすら前進。

もうすぐクリスマス・・・そうですかそうですね。

さて、前回の記事にて書いた、「ステキな出会い」なるものの詳細をここでご説明。

その出会いとは、あるオーガニックバーとその御主人、そして彼が書いたある本のこと。

 前回出てきた友人「U」ちゃんも、元々は友人にその本を薦められて読んでみて、ぜひこのバーに行ってみたくなったという話を聞いてからふーん、そんなその本面白かったの??という印象だったのですが。

そのバーの住所を聞いてみると、池袋ということで奇遇にも私の彼の職場のすぐ近くということが分かり。
そのバーはとても小さく、しかしながら芸能人もたまに訪れるという話。内装は全てその御主人が一人で手がけて、店内は靴を脱いで入るシステム。


名前もなんとも不思議な感じ…。でも、ちょっと良い感じ。


で、オーガニック。



・・・・・・・・??

聞けば聞くほど不思議なお店。

でも、彼女が行きたいと思うからにはきっとステキな所に違いないんだろうな、という思いがごく当たり前に私の中にはあって、行くのがとても楽しみでした。


いざ着いてみると中は確かにとてもこぢんまりとしていて、でもなんだかあたたかで。お店の中に漂う空気はとても居心地のいいものでした。私達はカウンター席へ。(Uちゃんが座った席は、中山美穂さんもお座りになった席なんだとか。くそぅ、いいなぁ)

オーガニック、というだけあって食べ物もとても美味しい。お酒もこだわって選んでいます。最初に頼んだ日本酒の、それはそれは美味しかったこと。私個人的にはおからのソーセージ、ソーセージというよりはなんだかニョッキのような食感でとても美味しかったです。

バーのご主人、高坂さんは私達に「どうやって、このお店をお知りになったんですか?」と聞きました。
友人が本を読んで、仙台から来たということから話は弾み。そんなやり取りを聞いていたお隣の方ともなんとなくお話していると、その方はパティシエをやっており、もうすぐ独立してお店を出す、ということ。お話しする姿がなんともやる気と希望に満ちていて、すごいエネルギーのようなものを感じることが出来ました。

 するとご主人、おもむろに店内の中央へ出て行くと「みなさん。この方はパティシエをやっていて、・・・・」と彼の自己紹介をし、さらに独立してお店を出すこと、どういうお店かということ、どこにあるかということ、そして是非行ってみてあげてください、という宣伝までしてくださったのです。それに応えての皆の拍手。
店内を見やるとUちゃんが言っていた本が販売されていたので、私も購入することに。ますますこの本を読んでみたくなったのです。帯にはこう書いてありました。

「年収600万円→350万円。なのに手元に残るお金は変わらず。たっぷりの時間で、好きなことをして、社会に認められる!」
 「ヒマで儲からないのに6年間黒字!ちっぽけなオーガニック・バー店主の目からウロコの減速ビジネス&ライフ入門。」


帯だけを読んでみると、かなり興味をそそられます。でも同時に、そんなうまい話があるのだろうか??一体どうやって??という疑問も湧いてきます。その疑問を解くべく、早速読んでみました。



・・・そしてその後、私はamazonで同じ本を3冊購入。両親、それと友人に贈るためです。
読み進めていくうちに、それまで私の心の中でもやもやとした疑問や解決の糸口さえ見つからず、考えれば考えるほど気持ちが沈んでいくような問題点の数々が、すーっと解けていくような気がしたのです。
自分がお金を出してモノを買う、という行為や、自分が今やっている仕事が、後々社会にどんな影響を及ぼすことになるのか。その行く先は、どこに?
いずれは独立し、オリジナルブランドを立ち上げて一生バッグを作る仕事をしたい。でも、果たしてうまくいくのか?ちゃんとやっていけるのか?
おりしも平成の大不況などという社会背景がある今、デフレスパイラルは加速しファストファッションなんていう言葉まで生まれ、中国を始めとする海外での大量生産のお陰で安価でそこそこの質のモノはますます溢れていくばかり。
その一方で、国内で真面目にコツコツともの作りをしている素晴らしい技術を持った人達が、その荒波に押されて廃業にまで追い込まれている現実。
こんな状態で、これまであったはずの日本の素晴らしい文化は受け継がれていくのだろうか?日本人の誇りは、素晴らしい技術は、ただ衰退するばかりなのか?

このままで良いんだろうか?

……妄想は爆走します。

しかしこの本を読んだら、

ああ、こうやっていけばいいんじゃん。
そうか、本当にそうだよね。
なるほど。確かにその通りだわ。

独立したい気持ちはあっても、色んな不安がそれを遮って中々踏み出せなかったその一歩を漸く踏み出そうという気になったのです。

読み終わる頃には、私はある事を決断しました。


そして、それを行動に移しました。

その行動を受けた人は、すぐに理解を示して下さいました。とても有難いことでした。

その詳細は、Twitterではもうすでにバラしておりますが、ここではまたもう少し後ほど。

ここからは、私一人で出来るものでは勿論ありません。

周りで支えて下さる皆さんの、御協力が必要です。

それをとにかく忘れないように、これからも歩き続けようと思っています。減速して、前に歩き続けること。
感謝の気持ちを、忘れないこと。


最後に、その本とオーガニックバーのご紹介。
バーの方は御主人である高坂 勝さんのブログにいきますので、そちらの方も良かったら是非。




減速して生きる~ダウンシフターズ~


オーガニックバー たまにはTSUKIでも眺めましょ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう

「あみ え そわ」 さん、おはようございます。

今朝目が覚めて、なんとなく、
「あみ え そわ」さんのブログ、
覗かなきゃ・・・って思い出しました。

そして、こちらに初訪問。

当店のことや本のこと、
Uさんのこと、・・・・

楽しく読ませていただきました。

ありがとうございます。

新しい一週間が始まりましたね。

そして、新しい道も始まっているのでしょう。

いってらっしゃ~い(^^)

こちらこそです!!

マスター、こんばんは。

ちょうど私も同じようなタイミングで、ブログも書いたし勝手ながらリンクも張らせていただいたので直接メールをしようとしていた矢先に、とてもとてもありがたいコメントでした。

ブログ読んで頂けただけでなくコメントまで下さって、とっても嬉しいです!


新しい道はまだ始まったばかりです。不安が全く無い訳ではありませんが、決めたからには進んでゆくのみ!
あの本からたくさんのパワー頂きました。そして色々勉強になりました。
本で書かれているのは「食」に関することがメインで、もちろんそれは人が生きていく上では欠かせないこと。生活の中で是非取り入れていこうと思いましたし、これからの自分の仕事でも、ダウンシフターズの精神を生かすことが出来そうです。

こちらこそ、本当にありがとうございます!!

その節は、楽しい時間と美味しいお料理やお酒をご馳走様でした。また必ずお店に、おからのソーセージ食べに行きますね☆
sidetitleプロフィールsidetitle

ami et soi

Author:ami et soi
小さい頃からバッグが大好きで、とうとう自分でも作るようになってしまいました。

 でも今は、バッグ作りを通して伝えたいことがあります。
 いろいろな想いを、ここに綴っていこうと。

ami et soi  「ともだちとわたし」
並べかえると、わたしのなまえ。

☆作品をちょこちょこ作っていますので「カテゴリ」の「ami et soiの作品」のエントリをご覧くださいませ。オーダーもやります。作品の色違い等も受けられます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。