スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから一年の時が経ち

週末、昨年亡くなった祖母の一周忌の法事のために実家へ帰っておりました。

熊が出没、松茸が豊作など地元にも関係のあるニュースが世間を騒がせている真っ只中、今年の6月にも実家のごくごく近所で熊が出たということもあり、その近辺には「熊出没、注意」的な看板まで立っています。

そして、法事で親戚一同皆集まるということで、私だけの帰省ならば決してそういうことにはならなかったのだと思いますが、実家の両親にしてみれば私の兄一家、兄、義姉、そしてその子供達が、いやいや自分達の可愛い可愛い孫達がこの家にやってくるということでだいぶ張り切ってくれたようです、そう、松茸を買いに行くことに。

父に連れられて松茸の直売所に行くと、ありましたありました、大きい松茸がゴロゴロ。
2010_10270003.jpg


ふと目線を高い棚の方にやると、箱に入ってこちらにも松茸が。
値段を見てビックリ。
2010_10270004.jpg

ろくまんきゅうせんはっぴゃくよんじゅうえん!!!!!!

いやあ、こんな片田舎で、こんなびっくりするような値段のもの、はたして買っていく人なんかいるのだろうか。
 
 しかしこんなに大量の松茸を見たのは小学生の頃、祖父がまだ現役バリバリで山に松茸を取りに行っていた時以来です。

学校から帰ると玄関口からもう松茸の香りが漂っていましたから。
そんな光景は毎年秋の恒例でしたので、まさか家にあったあのおっきいキノコがそんな高値で売買されていたものだったなんて知る由もなく、その頃は普通に毎年松茸ご飯を食べていたものでした。


大人になって成長して、世の中の色んなことを知れば知るほど、自分が生まれ育った環境がいかに素晴らしいものだったのかを思い知らされるのです。

近所にいた友達、沢山いる親戚、似たような歳のいとこやはとこ、家の畑で取れる新鮮な野菜、美味しいお米、四季の移り変わりと共に沢山家にいつもあった旬の果物や山菜、大きくて広い家、見上げればいつもあった、広くってどこまでも続く空。


そんなものが生まれた時から当たり前のように周りにあったから、その頃の私はそれ以外のものをいつも求めていたような気がします。

そうして求めたものを手に入れるためにここを離れたのに、あの頃自分が憧れて恋焦がれていたものの中に身を置いてみると、またそこから見える景色は思い描いていたものと多少のギャップがあったり。


いつだって無いものねだりなんだな、ということも漸く見えてきて。


それぞれの世界を経験してみると、やっぱり何から何まで100%の満足なんて得られるわけが無いんだということもわかってくる。

ということは、今の生活なり環境なりの良いところに目を向けて、そこをとことん楽しんでいくのが良い。

という結論に達した訳ですね。



そうはいっても実家の食材の豊富さには相当心奪われるものがありますよ。

兄一家達も実家に無事到着した日の晩ご飯は松茸ご飯、祖母の妹にあたる三沢のおばちゃんが丹精込めて作った大きな里芋と米沢牛がたっぷり入った芋煮、秋刀魚の塩焼き、などなど。
2010_10270013.jpg 2010_10270017.jpg


メインは孫達の為とはいえ、こんなにも頑張って美味しいものを用意してくれた両親に感謝です。

次の日の朝に頂いた幻の山形の新ブランド米「つや姫」もホンット美味しかったこと。たらことの相性も抜群でございました。


親戚一同が集まると、やっぱり去年のことを思わずにはいられません。

もう、あれから一年が経つんだなぁ。

一年ってほんと早い。残された祖父はなんとかかんとか元気で、法事の後の会食では随分な量をたらふく食べて周りの親戚一同を驚かせていました。

なんだか安心しました。次に我が家に訪れるのが哀しいニュースではなく、とてもめでたいニュースになることを密かに目論んでいる私でございます。

愛すべき家族、ここに居る皆が幸せだと思えること。
笑顔になれること。

新しく家族になる人とも、ずっとこんな笑顔でいられるといい。

笑顔や幸せが連鎖して、ずっとつながってゆくこと。そしてどんどん枝分かれして、皆で共有できること。

それにはやっぱり、感謝すること。

それに尽きるんだろうな、ということを、そこに集まったみんなの顔を見ながらふと思った秋の日。


一瞬ではありましたが、平日、仕事でのサンプル作りで殺伐としていた心の中が浄化された帰省でございました。

2010_10270008.jpg











コメントの投稿

非公開コメント

No title

秋満喫!いいですね。
わたしもつい何日か前にマツタケごはんを食べました・・・。

帰れる場所があるということは幸せなことですよね!
(帰郷というのもなんだか羨ましく思ったりします。
それこそないものねだりですが・・・笑)

やりたいことが思う存分できる環境に生まれたことも
幸せなことだということを忘れないようにしないとな・・・と
しみじみ思ったりする今日この頃です。。。

今ある幸せ

しみじみうなずきながら読んだよ。
今ある幸せに感謝。
一番忘れちゃいけないのに一番忘れがちなことだよね。
自分の幸せが周りのみんなに伝染するような
そんな生き方をしよう、いままで以上に。
そう密やかに誓いました。

つや姫、うまいよねーーー。
この前実家に行ったら用意されててさー。
もらって帰ってきちゃった。えへ。
別格の上手さです。イクラに合います。

やっぱり日本人は米だね。
あ、ロブションのパンも好き♡

うれしい帰省、そろそろなんじゃないの~~~~。ムフフ♪

Re: 今ある幸せ

あ、おたくも食しましたの。ほんとに美味しかったね~。炊き立てを頂いたのですが、冷めても美味しいんですってこのお米。

ロブションね、はいはい予定に入れておきますから(笑)

焦らず急がず、じっくり話し合ってお互いが納得し決定したら、その時はすぐですわ☆

Re: No title

ロアさま

いつか私の故郷にお招きしますよ、真冬の雪下ろし体験などいかがでしょう。

そうですなぁ、やりたいことが出来る環境に居られるというのは確かにありがたいことです。落ち込んでいたり、上手くいっていない時こそそういう風に思えるようになりたいですね・・・。ワタクシもまだまだ修行中です。
sidetitleプロフィールsidetitle

ami et soi

Author:ami et soi
小さい頃からバッグが大好きで、とうとう自分でも作るようになってしまいました。

 でも今は、バッグ作りを通して伝えたいことがあります。
 いろいろな想いを、ここに綴っていこうと。

ami et soi  「ともだちとわたし」
並べかえると、わたしのなまえ。

☆作品をちょこちょこ作っていますので「カテゴリ」の「ami et soiの作品」のエントリをご覧くださいませ。オーダーもやります。作品の色違い等も受けられます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。